みち草

Azure中心にまとめる技術情報ブログ

AzureポリシーでNSGの設定値を制限する

はじめに

今回は、Azureポリシーを用いてリソースの設定値を制限する方法の紹介です。

以前、AutomationにPowerShellスクリプトを登録して特定のNSGルールを検出し、SendGridでメール通知する、という記事を投稿しました。

Azure AutomationとSendGridで発信元AnyのNSGルールを検出してメール通知してみた - みち草

これだと結局メールを確認する必要があり面倒で、NSGの作成/変更を検出して何とかしたいなぁと調べたところ、 Azureポリシーで特定の設定値を禁止できそうだったため試してみました。

「ソースIPアドレスがAnyのNSGルールは作成不可」というルールを設定します。

目次

Azureポリシー

概要

Azureポリシーは、リソースに対して名前や設定値のルールを与えることができるサービスです。 例として、[ストレージアカウントのSKUはLRSのみとする]、[東日本リージョンのみデプロイ可能]、[タグとして○○を必須とする]などが指定可能であり、それに違反するリソースをデプロイできないよう制御できます。

ポリシーは適用先としてサブスクリプションかリソースグループを選ぶことが可能なため、全体としての制御や、特定のリソースグループ内のみの制御など用途に合わせて利用します。

組み込みで用意されているルールもありますが、今回は該当するものがないため、JSONを記述して作成しています。

以下のサイトを参考にしました。

Technical Deep Dive: Azure Policy - Deny inbound RDP from the internet

ポリシーの内容

今回使用するポリシーはこれです。

{
  "mode": "All",
    "policyRule": {
      "if": {
        "allOf": [
          {
            "field": "type",
            "equals": "Microsoft.Network/networkSecurityGroups/securityRules"
          },
          {
            "field": "Microsoft.Network/networkSecurityGroups/securityRules/access",
            "equals": "Allow"
          },
          {
            "field": "Microsoft.Network/networkSecurityGroups/securityRules/direction",
            "equals": "Inbound"
          },
          {
            "field": "Microsoft.Network/networkSecurityGroups/securityRules/sourceAddressPrefix",
             "in": [
                  "*",
                  "Internet"
              ]
          }
        ]
      },
      "then": {
        "effect": "deny"
      }
    },
  "parameters": {
  }
}

policyRuleブロック内に、JSONで条件を記述します。 allOfがand、anyOfがorとしてブロック構造で条件分岐を記述するので、なかなか書きづらいです。

条件と処理部分を日本語で書くと、「"リソースの種類がNSGのルール" かつ "アクセスを許可するルール" かつ "受信ルール" かつ "ソースアドレスが *(Any) または Internetタグ"ならば、拒否する」です。

これで不特定なIPアドレスからの接続を許可するNSGルールを禁止するポリシーとして機能します。

パラメータとして指定したポート番号を使用するルールは拒否、など も可能ですが、ここでは利用していません。

公式ドキュメントにサンプルが紹介されています。

ポリシーのサンプルのインデックス - Azure Policy | Microsoft Docs

ポリシーの定義、割り当て

実際にポリシーを作成し適用します。まずは、適用するポリシー(ルール)を定義します。

ポリシー1

[定義の場所]ではサブスクリプションを指定します。 その他は任意に指定します。

ポリシー2

ポリシー定義に先ほどのJSONを貼り付け、保存します。

ポリシー3

[種類]を"カスタム"に変更すると自作ポリシーのみ表示されるため、先ほど作成したポリシーの名前をクリックします。

ポリシー4

[割り当て]をクリックします。

ポリシー5

[スコープ]や[除外]の欄を用いることで、サブスクリプションの中の特定のリソースグループまたはリソースにのみ ポリシーを適用することや、一部のリソースグループやリソースを適用対象外とすることが可能です。

今回はサブスクリプション全体に適用するのでこのままです。 パラメータがあるポリシーを定義した場合は、パラメータタブにて指定することができます。

ポリシー6

修復タブでは、ポリシー用のマネージドIDの作成を指定できます。 ポリシーの作成の仕方によっては、ルールに合致した際に自動設定や自動修正が可能であり、それ用のIDです。 これはそのうち試してみたいですが、今回はそのままにして割り当てを実行。

ポリシー7

サービスIDについては以前にちょこっと書いたのでそれ参照。

AzureサービスにIDを与える!マネージドID - みち草

これでポリシーの定義と割り当ては完了です。

テスト

早速、適用したポリシーの動作をテストします。

送信元がAnyのNSGルールを追加してみます。

ポリシー8

すると。。。

ルールの作成時にエラーが表示され、「ポリシーにより許可されませんでした」とあります。

Azureポリシーを用いて、ルールに合致した設定値を拒否することができました。

ポリシー9

もちろん、ソースIPアドレスを指定したルールであれば作成可能です。

ポリシー準拠状況の確認

概要からポリシー名をクリックすると、そのポリシーの適用範囲に存在するリソースについて、 ポリシーの準拠状況や、準拠していないリソース、拒否されたイベント発生数などを確認することができます。

※割り当て後、状況取得にはある程度時間がかかります。

ポリシー10

以下は別のポリシーのキャプチャですが、時間が経つとポリシーの準拠していないリソースがどのくらいあるのか表示してくれます。

ポリシー11

イベントを発生させたユーザーもわかるので、誰が設定を行おうとしたか、ばっちりわかります。

ポリシー12

料金

Azureポリシーの利用料金は発生しないため、好きなだけ使えます。

価格 - Azure Policy | Microsoft Azure

気になること

ルールに合致した設定を拒否できるAzureポリシーですが、ちょっと気になる箇所があります。

それは、ユーザーが自分で設定した際は拒否してくれるのですが、システム的に設定される場合は拒否されない、という点です。

例として試したのは、VM作成時の以下の設定です。

ポリシー13

このチェック用いると、VMデプロイ時のインターフェースに割り当てられるNSGに対して自動でルールを追加してくれます。 ただし、ソースIPアドレスががAnyなのです。

今回のポリシーを適用していても、拒否されずにデプロイされてしまいます。

まぁ、以前は警告なくAny許可でしたが、最近は「すべてのIPアドレスからアクセス可能になります」と注意を明記してくれるだけマシになりました。 システム的に防ぎたいところですがダメそうです。。。

おわりに

今回は、Azureポリシーでリソースの設定値を制限する、ということを紹介しました。

組み込みのポリシーで済むようであればそれだけで、費用なく設定が可能です。 もし求めるものがない場合は作成するしかありませんが、記事中で紹介したサンプルページもあるため、それを参考にするのが良いかと思います。

環境全てをポリシーで制御しようと思うとひたすらJSON記述になり大変ですが、これは絶対使わせない!という設定を制御するにはよいかと思います。